かりゆしブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハウルの動く城

公開初日、1時間半くらい並んで観てきました。
この日を長い間心待ちにしていたので、無事に席を確保して上映が始まるまでの時間、心臓がドキドキでした。

以下、映画の感想です。


観終わったあと、なんとなく物足りなさが残りました。
ラストのシーンもちょっと首をひねってしまいました。
全体的に観念的なものがたくさんあって、社会的メッセージが強いという従来の宮崎作品ではあるのですが、ハウルとソフィーの「恋の物語」、というわりには、あまりその核心には触れないまま、ストーリーが展開されていった気がします。ソフィーが会って間もないハウルに「愛してる」と言うシーンがあったのですが、ちょっと違和感を感じたのは私だけでしょうか?
(たしかにハウルは美しかったし、今までの宮崎アニメの中で、間違いなく一番の美男子でしたが…)

個人的には、「となりのトトロ」みたいな、何も考えずに子供から大人まで文句なしに楽しめるような作品を、宮崎監督にもう一作くらい作ってほしいなぁ、と願います。
スポンサーサイト


  1. 2004/11/20(土) 22:03:32|
  2. cinema|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://caana.blog9.fc2.com/tb.php/15-f515e3e1
 

  

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。